レビュー書き込みで300〜1000ポイントプレゼント中 メルマガ登録
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
 
会社紹介
 

代表の軌跡


【はじまり】


学生時代からエステが自分の天職だと確信し1997年に迷うことなく美容の道へ進みました。大好きな美顔だけでなく、痩身・脱毛・ネイル・まつ毛美容・眉毛美容とあらゆる美容に携わりましたが、まつげ美容を知った時に転機が訪れました。まだ知られていなかったまつ毛美容に魅せられると同時に、一目瞭然の美容効果にお客様の驚きや喜ぶ顔が嬉しくて、技術の追求にのめり込みました。

追求すればするほど、道具も知識も技術も確立されたものがなく、手探りで工夫しながら作り上げていく環境に限界を感じ「専門がないならつくろう」と一大決心して、2001年6月1日にそれまでの経験と知識を元にサロン、スクール、商材販売の3つの事業を基盤としてたった一人で独立開業しました。

【出会い】


その頃のまつげエクステはポイント用のつけまつげをグルーで数箇所に装着するというもので、まつ毛の成長によって生じるデメリットも多く「知る人ぞ知る」美容技術でしたが、2004年に二度目の転機が訪れました。世の中に未だない商材・知識・技術を求めて海外(特にアメリカや中国や韓国)には頻繁に訪れていましたが、ある時韓国の美容のコンテスト(KPA)に審査員としてよばれた時のことです。これまでのまつげエクステの常識を覆すとてもナチュラルなまつげエクステをコンテストの主催者がしていたのを見て、衝撃が走りました。それが1by1で装着する現在のまつげエクステとの出会いでした。 コンテスト翌日に急遽商材を求めて工場に足を運び、ラッシュやグルー等を日本に持ち帰りました。当時のラッシュの太さは0.10mmのみ、長さは色々な長さのラッシュがケースに混入しているもので、1g100万ウォン(約10万円)総額数十万円を取り急ぎ仕入れて帰りました。

【確立】


帰国後、まずは慎重に技法について考えました。どうすれば美しく装着できるか?安全性は?皮膚からの距離は?どんなツイザーを使う?左手はどうする?等など。ある程度マニュアル化したのち、サロンスタッフを集め技術研修を始めました。並行して、ラッシュやグルーの改良を工場と蜜に連携し何度も何度も繰り返し、3ヶ月後のサロンメニュー導入を果たしました。それから1年間、サロン内で様々なデータを収集し、翌年6月に1by1のまつげエクステ技術の講座を開講しました。今となれば非常に簡易的なマニュアルですが、当時は全国各地から受講者が殺到しました。同時期に日本最大の美容見本市、Beauty World Japan2005にまつげエクステ商材ブース「MINKLASH」(ミンクラッシュ)を出展し、MINKLASHブランドが世界に知られるきっかけとなりました。

【普及】


まつげエクステが革新的な進化を遂げた2004年以降、それまでのデメリットが解消されたり長さやボリューム、スタイルの自由度が増したことで客層が大幅に拡大し、どこにもなかった「まつげエクステ専門店」は倍、倍、倍、と飛躍的に増えました。まつげエクステブームは3年もたないと噂されながらも、品質・技術が向上すればお客様はついてきてくださると信じ、安全と安心の確立を急ぎました。ですがそれ以上に業界拡大の勢いは増し、事故やトラブルの報道を目にする機会が増え、まつげエクステ業界のピンチが訪れました。これが三度目の転機です。2008年に厚労省や消費者庁からの注意喚起によりまつげエクステが危険なものというイメージが根付いてしまいました。それまで、講座卒業生や商材の販売先には正しい技術や知識の普及に取り組んでいましたが、それだけでは足りない、このままではまつげエクステ業界は衰退してしまうと危機を感じ、業界健全化のために「一般社団法人NEA日本まつげエクステ協会」したのが2009年6月1日です。

【未来創造】


「これからまつげエクステ業界はどうなっていくのか」とよく聞かれます。
まつげエクステは「やれば当たる」という時代は残念ですが過ぎました。
悪いものは淘汰され良いものが厳選されていく時代です。
10年継続できる企業は10%未満と言われていますが、まつげエクステ業界の場合はもっともっと希少です。
「生き残るためには安くしないと」と料金で頑張るサロンが多い中、
安定して存続成長しているサロンは「生き残るために品質を良く」を徹底しています。
技術と品質で勝負するサロン、品質にこだわり妥協しないサロンが
これからのまつげエクステ業界を創っていくのではないでしょうか。
アットメイクはそんなサロン様、技術者に寄り添い、全面的に応援いたします。


店舗情報


アットメイクは会員様専用の店頭販売も行っております。
商品を手にとって見られたい方や、詳しい説明を聞かれたい方、 また各種相談を受け付けておりますので、お気軽にご利用くださいませ。
なお代表の柿崎が直接対応いたしますので、必ず事前予約をいただいております。 飛び込み来店はご遠慮いただいておりますので予めご了承くださいませ。

所在地 :542-0081大阪市中央区南船場4-5-10新東和ビル2F
     (心斎橋駅3出口徒歩1分)
定休日 :土日祝日
営業時間:11:00〜18:00 
     ※ご来店前に必ずアポイントメント(予約)をおとりください。
電話番号:(代表)06-6121-9933 (直通)06-6241-0075


大きな地図で見る
    

ページトップへ